第142回 公開定例会のお知らせ(2019年11月16日)

■テーマ:「感覚神経系・スポーツ医学」

2019年ラグビーワールドカップ日本大会において、日本代表は世界の競合各国を破り、初のベスト8という大幅な躍進を遂げました。

来年には4年に一度の世界的スポーツの祭典である東京オリンピック2020を控え、スポーツへの興味、関心は非常に高まっています。

今回の公開定例会では「感覚神経・スポーツ医学」と題し、スポーツ医学分野の第一線で活躍されている3名の先生方より、実際のスポーツ現場での状況も交えたお話をご講演いただきます。

■会場

・日時: 2019年11月16日(土) 午後1時15分~5時00分
・場所: 株式会社セゾンパーソナルプラス研修室
〒170-0013 豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー5F
池袋駅(西武口)から徒歩約5分

・会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円 ※当日受付で現金でお支払いください

会場マップ(PDF) sezon_kaijyou

どなたでもお申込み不要で参加いただけます。会場まで直接お越し下さい。

■テーマ「感覚神経系・スポーツ医学」

1)

13:15~14:15
「最新理論に基づいたスポーツインソールの効果」
髙橋 毅 先生(株式会社 BMZ 代表取締役社長)

2)
14:15~15:15
「スポーツと根性論」
木下 修 先生(日本リハビリテーション専門学校)

―15:15~15:25(休憩)―

3)
15:25~16:25
「格闘ドクターが見た景色~コンタクトスポーツ医学の最前線」
二重作 拓也 先生(冨家病院 リハビリテーション科 医師)

16:30  閉会予定

17:30~ 懇親会(講師を囲む会) ※希望者のみ、移動します