第97回公開談話会(サロン)

講演テーマ: 鍼灸はなぜ効くのか?
・日時:2012年6月16日(土) 午後1時~6時
・場所:板橋区立グリーンホール 会議室
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html 参照
・内容:「鍼灸はなぜ効くのか?」

13:00~14:10
(1)鍼灸が効くメカニズム(鍼灸で体調がなぜよくなるのか)
                 馮 起国先生(順天堂大学)

14:10~15:20
(2)温熱美容-温める健康・美容法-
                 橋本京子先生(NPO法人ロハス コミュニティー)

15:20~15:35 休憩

15:35~16:45
(3)ヨモギ・その温熱刺激作用とマイクロニューログラフィーによる
皮ふ受容器の特性
                 会澤重勝先生(東京衛生学園)

16:45~18:00
(4)漢方サプリメントは脳梗塞に有効!(そのメカニズム)
                 袁 世華先生(杏林中医薬情報研究所)

2012年4月公開定例会

講演テーマ: 脳血管障害にならないための診断と予防
 春が遠いと感じておりましたが、もうまもなく桜の便りが届きますね。
高知でもやっと桜が開花しました。昨年は東日本大震災で4月期
の公開定例会は休止になりましたが、今回は「脳血管障害」につ
いて学習します。友人・知人をお誘いくださり、ご自由にご参加くだ
さい。

・日時:2012年4月21日(土) 午後1時~6時30分
・場所:板橋区立グリーンホール 402会議室
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html 参照
・内容:「脳血管障害にならないための診断と予防」
・会費:会員500円、学生300円、非会員(1000円、会員の
 紹介であれば500円)

13:00~14:15
(1)脳梗塞とその予防
                 横山敏男先生(クリニックヨコヤマ)
14:15~15:30
(2)エコーによる動脈硬化診断
                 鈴木浩之先生(日立アロカ)

15:30~15:45 休憩

15:45~17:00
(3)血液検査からわかる病気(主として脳梗塞、脳血管障害など)
                 佐藤耐喜先生(新東京病院)
17:00~18:15
(4)脳梗塞患者のリハビリテーション
                 伊藤正樹先生(新東京病院)
--------------------------

 当日は理事会・通常総会を午前10時30分~ 同会場におい
て行いますので、理事・会員の方は是非ご参加ください。後日、別
途詳細をご案内をいたします。
 またiphone、スマートホーン、携帯電話などからもホームページを
閲覧することができます。最新情報をご利用ください。

2012年1月公開定例会

講演テーマ: 美容と健康のすすめ
2012年1月21日(土) 13:00~18:30
(1)1:00-2:00
美容と複合的鍼灸治療
             山口庸子先生(ベルリカントオ)
(2)2:00-3:00
痩身ダイエット(耳つぼなど)のすすめ
             作田真介先生(貴宝石)
休憩 3:00-3:15
(3)3:15-4:15
福祉介護における代替医療の役割
             井上雅祥先生(雅グループ)
(4)4:15-5:15
美容と食物の相関性
             関本純子先生(女子栄養大)
(5)5:15-6:15
最近の美容機器と脱毛事情
             橋内 幸生先生(テクニコ)

2011年11月公開サロン(体験学習)のご案内

2011年11月19日(土) 13:00~18:00
(1)1:00-2:15(質問時間15分)
粒子線加速器による最先端ガン治療
             熊田雅之(放射線医学総合研究所)
(2)2:15-3:15
理美容バサミとその製作法
             水谷裕一(水谷理美容鋏製作所)
休憩 3:15-3:30
(3)3:30-5:30
包丁の種類と上手な研ぎ方(実演)
             加藤俊男、小野伸二(㈱木屋)

2011年10期公開定例会のお知らせ

1:00-1:20
(1)東日本大震災における義援金・義援物資のカンパ報告
・義援物資(LEDライト)贈呈者への感謝状贈呈
・義援金カンパ者へのLEDライトの贈呈
義援物資、義援金をカンパくださった方に記念品の
贈呈がありますので、必ずご参加ください。
1:20-2:00
(2)最近の銅および銅合金の開発動向
鈴木竹四(三菱マテリアル)
2:00-3:00
(3)動物(犬猫)のための予防医学
川角 浩(日本獣医生命科学大学)
3:00-3:15 休憩
3:15-3:50
(4)高齢者、障害者にとっての歩行と研究中の受動歩行杖
鈴木光久(今仙技研)
3:50-4:30
(5)動物病院のお仕事
伊東彰仁(イトウペットクリニック)
4:30-5:15
(6)病原体の運搬と現状
鹿住祐子(結核研究所)
5:15-5:45
(7)ウコンの本の紹介
沖田巧紀(日本アイ・ティ産業)

公開定例会
「介護を取り巻く現状と展望」

板橋区立グリーンホール 402会議室

13:00-14:00

「妻の介護についての偶感」

堀田節夫先生(中央精機)

14:00-15:00

「つながりを創生する空き民家・長屋活動

~高齢者の未来を展望する~」

永井都也子先生(マイホーム新川)

15:00-15:15

休憩

15:15-16:30

「高齢者福祉の理想と問題点」

黒田和安先生(社会福祉法人 賛育会)

16:30-18:00

「東日本大震災と巨大地震活動期」

荒尾 博先生(一級建築士&FPコンサルタント事務所)


18:00-18:30

「放射能から身を守る」(続編)

朝倉健太郎先生(東京大学)

理事会・定期総会/第91回定例会
「地震予知、同行避難と原発から身を守る基礎知識」

401会議室

10:30-12:00(90分)
理事会・定期総会
・議題
1号議案 2010年度事業報告(吉本)
2010年度HP更新経緯(山口・小林)
2010年度ホッ!!と ひと息ティタイムリスト(朝倉)
2010年度ミクロの世界体験学習(伊東)
2号議案 2010年度書記日誌(橘)
3号議案 2010年度決算報告(廣瀬)
4号議案 2010年度監査報告(沖田・廣畑)
5号議案 2011~2012年度理事選出・承認(伊東)
2011~2012年度常務理事選出・承認(浅野)
6号議案 2011年度事業計画(案)(朝倉)
7号議案 2011年度予算(案)(廣瀬)
8号議案 その他

504会議室

13:00-14:30(90分)
(1)「東日本大震災における地震予知とGPS測定異常の関連性」
(あなたは地震を予知できますか)
小野 房吉(元海上保安庁)

14:30-15:45(75分)
(2)「人命のための同行避難」
(あなたはペットを捨てて逃げられますか)
磯 洋一(東京都獣医師会防災連絡協議会)

15:45-16:00 休憩(15分)

16:00-17:20(80分)
(3)「日本の原発と電力欠損」
(原子炉の基礎と放射線・放射能の違い、被爆から身を守る)

朝倉 健太郎(東京大学・大学院)

17:20-17:50(30分)
(4)「ペットの家庭用樹木葬鉢」
北村 三枝子(株式会社アルク)

18:05~
懇親会(別会場にて)
講師の先生方を交えた懇親会を準備しておりますので、どうぞご参加ください。

第90回定例会
「銅およびチタンの抗菌性と応用」

13:00~14:00
(1)「銅緑青は無害だ!」と、日本銅センターの概要及び需要開拓技術プロジェクトの紹介
幸 洋二(日本銅センター企画調整部)

14:00~15:00
(2)「銅の抗菌性と応用」
斎藤晴夫(日本銅センター技術開発部長)

15:00~15:20
休憩

15:20~16:30
(3)「酸化チタンの製造と抗菌性、そして応用」
伊藤喜昌(日本チタン協会コンサルタント)

16:30~17:30
(4)「チタンの福祉・医療分野への応用」
朝倉健太郎(東京大学大学院)

17:45~
懇親会(別会場にて)
講師の先生方を交えた懇親会を準備しておりますので、どうぞご参加ください。

第89回定例会
「臍帯血治療の安全性」

(1) 臍帯血幹細胞の安全性と方向性2011(臍帯血幹細胞とiPS細胞の比較)
小畠俊雄(株式会社SK再生医療研究所)

要約:白血病の治療法としての臍帯血は、多くの方がご存じかと思いますが、臍帯血は再生医療の分野で大きな注目を浴びております。
先日、臍帯血の中に「HOZOT(ホゾティ)」と呼ばれる、がんを攻撃する細胞が発見され、学会に発表されました。その臍帯血の安全性と今後の方向性をわかりやすくご説明いたします。

(2) 臍帯血治療の決断と治療進展
伊東彰仁(イトウペットクリニック)
要約:初期の糖尿病に、さい帯血幹細胞を投与して6カ月。その経過と顛末を、自身の体験からお伝えします。

第88回定例会 2010年Reports

(1) 改ざん防止ラベルとセキュリティラベルの履歴管理
-沖田巧紀(日本アイ・ティ産業株式会社)-

要約:粗悪な模倣品等の対策として真正品であることを証明するための認証ラベルとしてのセキュリティラベルが開発されている。但しこれらには、いつ、誰が、誰に渡し、どこで使用されているかの履歴が一目でわかるように一体化されていない。そのため弊社では、一体化して重要物品等の履歴管理が明確に出来る台帳を作成した。

(2) 特別講演「NDM-1産生大腸菌検出顛末記」
-奥住捷子(獨協医科大学病院・感染防止対策課)-

要約:海外で広がっているほとんどの抗生薬が効かない新型の多剤耐性菌が日本でも見つかっている。NDM1という酵素が原因。NDMとはインドの首都ニューデリーで見つかったM(メタロβラクタマーゼ)という酵素の頭文字だ。国内で初めてのNDM1が獨協医科大学病院において検出された。この多剤耐性菌(大腸菌)検出の顛末について報告する。

(3) CFRP成形装置(オートクレーブ)の製作と義足・装具の試作
-臼井秀和(テクノモータエンジニアリング株式会社)-

要約:CFRPとはcarbon fiber reinforced plastics の略で、炭素繊維強化プラスチックを意味している。オートクレープとは内部を高圧力にすることが可能な耐圧性の装置。
ここでは炭素繊維の成形に使われる装置をいう。炭素繊維は単位重量当たりの強度、弾性率で鉄をしのぐ材料である。軽量であるため義足や装具の部品としても利用されてしかるべきであると考えている。

(4) 将来のエネルギー確保・超々臨界圧発電プラント材料の開発
- 朝倉健太郎(東京大学)-

要約:火力発電プラントの効率を高めるためには、蒸気温度を高温・高圧にすればよいことはわかっているが、材料がその条件に追いついていけない。また化石燃料である石油は40年後には枯渇する。一方、石炭は200~300年の埋蔵量がある。石炭焚き火力発電プラントの開発をめざした材料開発について紹介する。