第143回 公開定例会のお知らせ(2020年1月25日)

■テーマ:「金属アレルギーについて知る ~ジュエリー・金属加工・歯科矯正~」

近年、金属アレルギーに悩まされる人が増えてきています。その影響の範囲は分かっている中では、装飾品からなどの接触型、そして歯科治療に用いられる器具などの全身型ではないでしょうか。

金属アレルギーは、医学・工学の両方から学んでいく必要のあるテーマです。

今回の公開定例会では、一般社団法人金属アレルギー協会とのコラボレーション企画「金属アレルギーについて知る ~ジュエリー・金属加工・歯科矯正~」と題し、ジュエリー加工/デザイン、歯科矯正、金属加工の第一線で活躍されている3名の先生方より、それぞれの方面からお話をいただきます。

当協会の公開定例会はどなたでもご参加できます。

金属アレルギー協会主催セミナー

■会場

・日時: 2020年1月25日(土) 午後1時15分~5時00分
・場所: 株式会社セゾンパーソナルプラス研修室
〒170-0013 豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー5F
池袋駅(西武口)から徒歩約5分
・会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円 ※当日会場受付にて現金でお支払ください

会場マップ(PDF) sezon_kaijyou

□ プログラム □

1)

13:15~14:25
「神宮前矯正歯科における矯正患者の金属アレルギー ~矯正治療と金属アレルギー~」
四方 花佳 先生(神宮前矯正歯科 勤務/ 日本矯正歯科学会 認定医)

最新の歯科矯正領域における金属アレルギーと、当院においての金属アレルギー対応、また歯科矯正で使用する金属材料についてわかり易くお話をしていきます。

2)
14:25~15:35
「金属アレルギー加工とデザイン、金属アレルギー ~時代はデザインを促し、デザインが時代を作る~」
丸山 聰 先生(有限会社ソラ/ SOLID OCTAGON 代表)

レアメタルジュエリー開発の先駆者として、金属アレルギーとジュエリーの新しいデザインの展開についてお話をさせて頂きます。

―15:35~15:45(休憩)―

3)
15:45~16:55
「金属アレルギーの錬金術 ~表面加工と加工技術のいろいろ~」
朝倉 健太郎 先生(NPO先端医療福祉開発研究会 名誉会長/東京大学 大学院)

一般にジュエリーは貴金属が使われています。しかし貴金属は高価ですから、古くから科学的手段を用いて卑金属(昔は金や銀以外の金属、酸化しやすい金属)から貴金属(主に金)を精錬しようとする試みがありました。
現代は本物や偽物という視点ではなく、いかに有効な用途に使われるかに価値があります。めっきなどの表面改質、いろいろな加工技術について学習します。

17:00 閉会予定

17:30~ 懇親会(講師を囲む会) ※希望者のみ、移動します

関連団体・関連企業へのリンク

賛助会員

一般社団法人 日本チタン協会
中央精機(株)
大道産業(株)
サクラ精機(株)
サクラファインテックジャパン(株)
日新EM(株)
池上精機


個人会員

(株)アグネ承風社
MASJapan(株)
一般社団法人 金属アレルギー協会
ティーアンドアイ(T&I)
漢方薬局いけだや
リツメー(株)
日本アイ・ティ産業(株)
イトウペットクリニック
株式会社 テクノ・モーターエンジニアリング
杏林中医薬情報研究所
荒城技研
東京獣医科医院
一般社団法人 中医学耳つぼ美容協会
(株)愛幸
整体院加藤
ウサギクラブ子育て支援サークル
サムライ整体 新都心本院
猫株式会社
Ribbon Cat
一般社団法人日本環境保健機構
一般社団法人日本セクシュアルマイノリティ協会

第141回 公開定例会のお知らせ(2019年9月21日)

第141回 公開定例会のお知らせ(2019年9月21日)

今回は、「会員による会員のための研究発表会」です。この結果、本年度は5名の会員が発表します。会員が、どのような仕事をされているのか、またどのようなことに興味を持っているかの発表があります。奮ってご参加ください。お申込み・予約等は必要ございませんのでお気軽に足をお運びください。

■会場

・日時: 2019年9月21日(土) 午後1時15分~5時00分
・場所: 株式会社セゾンパーソナルプラス研修室
〒170-0013 豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー5F
池袋駅(西武口)から徒歩約5分

・会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円 ※当日受付で現金でお支払いください

会場マップ(PDF) sezon_kaijyou

■テーマ「会員による会員のための研究発表会」

1:13:15~14:00
題名:「花粉症雑考

概要:スギ、ヒノキと花粉症、・花粉症と経済的損失、・長期対策」(スギ、 ヒノキの扱い、・・・などの調査)

講師:鈴木竹四先生 (NPO先端医療研 副会長)

2:14:25~15:30
題名「JBMコンサルタントが目指すHRコンシェルジュ

概要:研修会社であるJBMコンサルタントがなぜ、HRコンシェルジュを目指すことになったかのか、またJBMコンサルタントが歩んだ歴史と研修業界の情報も交えてお伝えいたします

講師:中山隆暁先生 (株式会社JBMコンサルタント)

2:14:40~15:20
題名「早期発見、早期対策、猫の腎不全

概要:猫の死因第一位である腎不全を早期発見して対策するとともに、日常的に予防して大切な猫と1日でも長く一緒に過ごすことを目指しています

講師:小林一樹先生(猫 株式会社 代表取締役)

4:15:20~15:30 休 憩

5:15:30~16:10
題名「環境アレルギー対策のまちづくりが人・心・企業・行政を動かす

概要:2018年7月1日に起業した。目的は、愛知県春日井市に環境アレルギーについての対策ができる街づくりを成功させ、全国から人や企業を呼び、街の活性化になることを目指している

講師:加藤美奈子先生 (愛知県春日井環境アレルギー対策センター)

6:16:10~16:55
題名「眼に関する一思考

概要:眼の進化、重要性、現代の眼病(感染症など)について話題提供します

講師:當摩 智先生 (専門学校日本医科学大学校)

7:17:30~懇親会(講師を囲む会) ※希望者のみ、移動します

第140回 公開定例会のお知らせ(2019年7月20日)

そばの話と万華鏡づくり

食欲がでないとき、夏に食するとおいしい「そば」について勉強をします。
安田先生は、昨年「名人によるそば打ち」とその科学」を上梓し、好評です。ほし先生は「江戸ソバリエ協会」の理事長の任をつとめておられる著名人でもおられます。今回はそばについて、正しい知識をとその科学性について考えます。

また体験学習として「万華鏡」について参加者の方々と工作と学習をしますので、お子さんやお孫さんのお土産としても恰好です。公開定例会はどなたでもご参加いただけます。友人・知人をお誘いくださり、ご参加ください

■会場

・日時: 2019年7月20日(土) 午後1時15分~5時00分
・場所: 株式会社セゾンパーソナルプラス研修室
〒170-0013 豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー5F
池袋駅(西武口)から徒歩約5分
・会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円

会場マップ(PDF) sezon_kaijyou

■テーマ『そばの話と万華鏡づくり』

1:13:15~14:25
・安田武司先生(東武医学技術専門学校 講師)

「おいしいそばと、その科学」

2:14:25~15:30
・ほし ひかり先生(江戸ソバリエ協会 理事長)

「そばの歴史と東京名店」

3:15:30-15:40 休 憩

4:15:40-17:00
・小林富美男(NPO先端医療研 常務理事)

「なぜ万華パターンになるのか(講義)」と万華鏡づくり」

5:17:30~ 講師を囲む会(懇親会・別会場)希望者のみ

第139回 公開定例会のお知らせ

第139回公開定例会「動物との相互感染症と耐性菌」

動物との相互感染症と耐性菌

昨年に経口インフルエンザ薬として「ゾフルーザ」が発売され、話題になりました。タミフルは1日2回、5日間を服用するのに対して、1回の服用でよいのですから・・・。体内には自己を守る免疫機構が備わっており、感染によりこの機構が破壊され、病原体の毒力が免疫力を上回ることにより、重篤な症状を発症します。

ゾフルーザは体内に薬の効きにくい耐性ウイルスが出来やすく、服用していない子ども3人からも検出されたことから大きな問題になっています。また家庭内で家族に癒しを与えているペットも油断していると、散歩や旅行などによる環境の変化から病原体が侵入、感染を起こします。

今回は動物との相互感染症と耐性菌と、新薬である「ゾフルーザ」の効果と副作用と、薬剤耐性菌についてお話をうかがい、正しい薬の使い方と病気に対する正しい知識を
身に付けたいと思います。友人・知人をお誘いくださり、ご参加ください。

・日時: 2019年6月15日(土) 13時15分~17時00分
・場所: 株式会社セゾンパーソナルプラス研修室
〒170-0013 豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー5F
※池袋駅(西武口)から徒歩約5分
会場アクセス

・会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円

  1. 13:15~14:15 動物病院診療レポートから―イヌの口から虫が出た 他」
    伊東彰仁先生(イトウペットクリニック )
  2. 14:15~14:25  質疑応答
  3. 14:25~15:25 「夏休みに気をつけたい共通感染症」
    羽原弦史 先生(東京獣医科医院)
  4. 15:25~15:35 質疑応答
  5. 15:35~15:45 休憩
  6. 15:45~16:45 「新インフルエンザ薬ゾフルーザの耐性ウイルスとインフルエンザの話 」奥住捷子 先生 (獨協医科大学病院)
  7. 16:45~16:55 質疑応答
  8. 17:00 閉会
  9. 17:30~  講師を囲む会(懇親会・別会場)希望者のみ

 

2012年度研究助成募集

NPO法人先端医療福祉開発研究会は「医療福祉」に関する研究開発、調査研究という視点に立って、その前身を1993年に任意団体として創立し、その後2003年にNPO法人を設立しました。
 本年度は、これまでと同じく「医療福祉」に関連する基礎的な研究および調査についての助成金希望者を広く募ります。募集要領は下記のとおりです。
<2012年度募集要領>
1.申し込み締めきり:2012年2月29日(水)
2.審査:2012年3月17日常務理事会において審査し、決定します。
3.助成金額:最高100,000円、但し、2件採択の場合は1件につき
  50,000円。なお  採択数や研究・調査内容によって助成金額
  が異なります。
4.申し込み方法
  *所定申込用紙に記入の上、会員資格(1年以上在籍、自己申告)
    を添付し、提出してください。
  *提出先:〒102-0073  東京都千代田区九段北1-9-14
    九段リハイム607号
    日本アイ・ティ産業(株)気付 
      NPO法人先端医療福祉開発研究会 研究助成金係
  *所定の研究助成申込書及び研究助成計画書を記入の上
    提出下さい。
    募集要領及び研究助成申込書及び研究助成計画書は
    以下のリンクよりダウンロードしてください。   
    [download id=”8″]
    [download id=”7″]

義援金の御協力ありがとうございました

当NPOでは有志を募り、中央共同募金会「地震災害におけるボランティア・NPO活動支援のための募金」を募りました。

この結果、以下の募金と支援物資の協力をいただきました。

募金・支援物資を提供くださいました関係の方々に心より感謝いたします。

6/18現在

募金金額                  ¥115,425

支援物資 LEDポケットライト  1,000個
(有限会社 エー・エム・シー・インターナショナル)

東日本大震災による被災義援金のご参加を!

この度の東日本大震災では多くの方々が亡くなり、また家を失うなど被災しました。さらに原発事故で避難されている方が多くおられます。この間、多くの苦しみ、悲しみを乗り越えて1ヶ月が過ぎました。被災地を支援する募金も一段落しておりますので、すでに募金された方々も多いかと推察します。

NPO先端医療研でも、4月8日の常務理事会において、何ができるか、社会貢献とは何か・・・・・を問い直した結果、現在の段階では「わずかでもいいから募金」をして、善意の意志を現そうと・・・・いうことに決まりました。
すでに募金をされた方も含めもっと援助したい、募金したいが何処に、銀行に行く時間もない・・・・と迷われている方もおられるかと思います。
募金先は多くありますが、全国的な組織としては日本赤十字社、中央共同募金会、日本ユニセフ協会の3団体があります。なかでも中央共同募金会には、「地震災害におけるボランティア・NPO活動支援のための募金」があります。
当NPOでは有志を募り、このNPO部門へ募金することに致しますので、ご協力をお待ちしております。
-----------------------------
募金振込先(ゆうちょ銀行に口座があれば、「振替」にすれば振込料は無料になります)
ゆうちょ銀行 10100-87445691
トクヒ)センタンイリョウフクシカイハツケンキュウカイ
(あるいは NPO法人先端医療福祉開発研究会)
締め切り期日 6月20日(月)

リレーコラム

リレーコラムはNPO法人 先端医療福祉開発研究会のメンバーにより2005年から持ち回りで毎月10日に『保健産業事報』紙に掲載されます。

保健産業事報 東京都豊島区南池袋3-14-15
電話03-3988-1899

2011年掲載のコラム

New!
81「妻の介護偶感」(11.10.掲載)
堀田 節夫(中央精機)

80「東日本大震災と巨大地震活動期」(11.09.掲載)
荒尾 博(防災アドバイザー)

79「GPS測位で大地震の予知を可能に」(11.08.掲載)
小野 辰吉(元海上保安庁)

78「津波と福島原発考」(11.07.掲載)
朝倉 健太郎(東京大学)

77「フードファディズム」(11.06.掲載)
小林 登美男(宇都宮大学)

76「抗菌チタンを理解する」(11.05.掲載)
伊藤 善晶((社)日本チタン協会)

75「銅の殺菌特性と応用」(11.04.掲載)
斎藤 晴夫(日本銅センター)

74「緑青は無害!」(11.03.掲載)
幸 洋二(日本銅センター)

73「手話の現状と史的流れ」(11.02.掲載)
倉方 厚子(世田谷福祉専門学校手話通訳学科)

72「見守り安否確認装置「わしゃ元気!」」(11.01.掲載)
阿部 正夫(AMCインターナショナル)

過去のコラム一覧(PDF)