当NPO法人認定資格『公衆衛生士』スタート

当NPO法人認定資格『公衆衛生士』スタート

「公衆衛生士」は、NPO先端医療福祉開発研究会が条件を満たす個人に対して認定付与する民間資格です。

自己研鑽はもちろんのこと、専門職を雇うことが難しい職域に対しての公衆衛生知識の普及、特定の人が集まる場所での「感染症」・「疫病」の予防と蔓延防止に対して対処、アドバイスが出来る人材の育成を目的としています。

資格取得のメリット

① 今の時代の就職・転職に、プラスαで有利な資格
② 事業者に選ばれ、注目される、特殊知識としての資格
③ 職場内の衛生環境を整え率先して防疫対策ができる

おすすめ対象の方

中小企業などの事業所にお勤めの方、幼稚園・保育園・教育現場にお勤めの方、ホームヘルパー、介護士、福祉士、特養ホームに勤務の職員、学習塾、カルチャースクール、臨床検査センターの従事者など。

試験対策講座のご案内

「試験対策講座」は、NPO法人先端医療福祉開発研究会の指定教育機関である東京リーガルマインド(LEC)が実施する試験対策用の通信講座です。試験範囲に即したテキストで解説した講義動画を視聴することで、試験合格に必要な知識を効率良く学習することができます。

講座カリキュラム (各科目 約1時間×12回)

科目
1 公衆衛生とは ニュースから見た公衆衛生
2 公衆衛生の意義と歴史
3 感染症とその予防・インフルエンザ
4 経口感染症と食中毒
5 衛生動物と予防対策
6 健康と環境(生活環境と建物環境)
7 人口と公衆衛生(人口動向、人口動態・静態)
8 栄養と生活習慣病
9 食品公害・食品化学
10 産業保健・公害
11 母子・学校・精神保健
12 社会福祉・介護保険(認知症)

公衆衛生士になるには

公衆衛生士試験に合格し、NPO先端医療福祉開発研究会へ会員登録することで「公衆衛生士」資格を取得することができます。

詳細・お申込み方法

資格のLECよりお申込みいただけます。下記リンクよりご確認ください。

【ご案内】新型コロナウイルスの感染拡大に伴うお知らせ

会員各位

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う政府の緊急事態宣言が解除され、
経済活動も徐々に再開される中、いまだに落ち着かない日々が続いていますが、
会員各位におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。

本来であれば、もう少し早い段階でお知らせをすべきでしたが、緊急事態宣言の発令、
外出の自粛要請といった状況の中、通常通りの常務理事会が開催困難となり、
メール等での紙面会議という形を取らざるを得なくなりました。

このような遅いタイミングでのお知らせとなりましたことを、深くお詫び申し上げます。
大変申し訳ございませんでした。

第2波、第3波の発生も懸念されていることを鑑み、
当会におきましては紙面による常務理事会を開催の上、
下記の方針を決定いたしました。

1. 今季(2020年度)の会員会費を無料とする。
2. 今季(2020年度)の定例講演会の開催を中止とするが、その後の開催判断は常務理事会で議論してまいります。
3. 毎年12月に開催している理事会、忘年会に関しては状況により開催の有無を検討します。
4. 現在、NPO資格「公衆衛生士」の準備がほとんど終了し、本年9月開校の予定です。新型コロナ禍の折、公衆衛生学を見直して是非、資格を取得してみませんか。
5. 保健産業時報紙に掲載しております「ホッ!と ひと息ティータイム」は、このような時節ですが、継続して連載を続けております。現在、原稿が枯渇していますので、是非ともご投稿ください。お待ちします。

今後の方針につきましては、NPOのホームページ等で定期的にお知らせいたします。
当会に対するご意見、ご要望等はinfo@sentanken.or.jp(担当 金山)まで
お知らせくださいませ。宜しくお願い致します。

2020年7月12日
会長 羽原 弦史

【重要】新型コロナウイルス感染症対策に伴う 「4月18日(土曜日)総会・公開定例会」 開催中止のお知らせ

新型コロナウイルス(COVID-19)感染が新たな局面を迎えており、予見が難しい状況となっております。
本研修会におきましても感染リスクを完全には排除できないという観点から、参加者・関係者の健康面・安全面を最優先すべきであると判断し、
2020年4月18日土曜日に開催を予定しておりました総会・公開定例会の開催を中止することにいたしました。

直近の状況を鑑みて慎重に検討を重ねた結果、会期直前のお知らせとなり誠にご迷惑をおかけいたしますが、どうかご理解を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。

なお、ご参加予定の先生方へは、改めてご連絡いたします。

NPO先端医療福祉開発研究会 会長 羽原