1/11公開定例会のお知らせ

1月の公開定例会のテーマは「からだの痛み」が主テーマです。人にとって慢性的な痛みはとても辛いものです。西洋医学ではペイン・クリニックが注目されていますが、本研究会では腰痛、50肩、膝痛、胃痛などを西洋医学と東洋医学的要因を併せもった科学的な視点から「からだの痛み」を俯瞰します。

日時:2014年1月11日(土) 午後1時~4時30分
場所:板橋区立グリーンホール 402会議室
http://sentanken.or.jp/参照あるいは

http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/_
002/images/img_2279_1_1.jpg.html

会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円

講演時間は45分、質疑応答は5分ですので、厳守してください。

13:00~13:50
(1)「腰痛予防」
             葭田美知子先生(NPO法人メイアイヘルプユー)

13:50~14:40
(2)「50肩の原因と鍼治療」
             中野朋儀先生(浦和専門学校)

14:40~14:50     休憩

14:50~15:40
(3)「膝痛(膝関節痛)の原因とリハビリテーション」
            阿部靖先生(日本リハビリテーション専門学校)

15:40~16:25
(4)「胃腸炎(胃痛を含む)の原因と症状」
            高橋 孝先生(北里大学・大学院感染制御科学府)

11/9公開定例会のお知らせ

NPO先端医療研 会員殿・支援者殿(BCC配信)

11月期公開定例会は以下のとおり、久しぶりに「福祉介護」です。
開催場所は板橋区立グリーンホールですので、お間違えのないようにお願い致します。

日時:2013年11月9日(土) 午後1時~4時30分
場所:板橋区立グリーンホール 402会議室
   http://sentanken.or.jp/参照

<発表予定タイトル>(講演時間は質疑を含めたもの)
13:00-14:10
1.ティパック折紙の実演
            小野友彰先生(羽切特許事務所、弁理士)
14:10-15:10
2.木更津工業高等専門学校における「介護予防教室」の紹介
            黄野銀介先生(木更津高専)

15:10-15:20 休 憩

15:20-16:20
3.サービス介助士資格紹介
            高木友子先生(NPO日本ケアフィットサービス協会)

7/20公開定例会のお知らせ

NPO先端医療研 会員・支援者殿(7/20公開定例会のお知らせ)
                       会長  吉本秋雄

早いもので当NPO法人は創立10周年、任意団体の研究会発足から
20年になります。今回は記念講演会としていくつかのトピックを
取り上げました。是非、理事はもちろん会員各位、支援者におかれ
ましても、ご出席のほどをお願い致します。

<公開定例会>
日時:2013年7月20日(土) 午後1時~6時00分
場所:板橋区立グリーンホール 504会議室 http://sentanken.or.jp/参照
内容:NPO法人創立20周年記念講演会
会費:会員500円、学生300円、非会員1000円

13:00~13:05
(1)新会長挨拶
                 吉本秋雄先生(東武医学技術専門学校)
13:05~13:35
(2)研究会20年のあゆみ
                 朝倉健太郎先生(東大)
13:35~14:35
(3)裁判における人間心理
                 前田博之先生(紀尾井町東法律事務所)
14:35-14:50 休 憩

14:50-15:50
(4)震源振動の非線形性と地震予知
                 菊池年晃先生(防衛大名誉教授)
15:50-16:50
(5)感染症のトピックス
                 奥住捷子先生(獨協医科大学病院)
16:50-17:00 休 憩

17:00-18:00
(6)医療用放射線と医療被曝
                 朝倉健太郎先生(東大)

第103回公開定例会

正しいメガネの処方と活眼器/ 連続講座
・日時:2012年6月15日(土)午後1時~4時30分頃
・場所:板橋区グリーンホール 504会議室
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html 参照

13:00~15:00
正しいメガネの処方と活眼器(視力トレーニング機器)デモあり
山下敏朗先生(WACインターナショナル)

15:00~15:30(片づけを含めての休憩)

15:30~16:15
連続講座Ⅰ(長寿社会住環境、地震等防災防犯、建築関連法
改正新法などを含めて)
荒尾 博先生(FP&建築アトリエ)

2013年4月公開定例会

週末には桜が満開との予報ですが、いかがお過ごしでしょうか。
4月の公開定例会の案内いたします。なお4月20日の午前は通常総会
(別途案内)を開催しますので、理事はもちろん会員各位におかれまし
ても、ご出席のほどをお願い致します。なお、通常総会に出席予定の方
は、資料の準備がありますのでメールでお知らせください。

<公開定例会>
・日時:2013年4月20日(土) 午後1時~4時30分
・場所:板橋区立グリーンホール402会議室http://sentanken.or.jp/参照

・内容:「アレルギーと検査のおはなし」

・会費:会員500円、学生300円、非会員(1000円)
13:00~13:30
(1)TOPIX「ダニが媒介するSFTS(重症熱性血小板減少症候群)」
                 伊東彰仁先生(イトウペットクリニック)
新聞やTVの報道により、すでに多くの人が知ることになった重症熱性
血小板減少症候群(SFTS)ですが、不明な部分も多く、対応に困惑
されている方もいらっしゃることと思います。マダニが媒介する、重症
では死に至る病。これからマダニの活動期を迎えます。キャンプや渓流
釣りなどのシーズンを前にして、この新疾病を、現時点で分かっている
ことをTOPIXとして報告します。

13:30~14:00
(2)アレルギーのおはなし
                 伊東彰仁先生(イトウペットクリニック)
日本で国民の3割以上が何らかのアレルギーを持っていると言われて
いる。最近増加傾向にあるアレルギーの病気。。気管支喘息やアト
ピー性皮膚炎は10人に1人、花粉症は10人に2人が罹患していると言
われています。アレルギー発生の仕組みや対処法を、Ⅰ型~Ⅳ型の
アレルギーを中心に勉強しましょう。

14:00~15:00
(3)公衆衛生からみたアレルギー性化学物質の危険性と脱臭素材
・装置の開発 (含むシックハウス症候群)
                  朝倉健太郎先生(東京大学大学院)
化学物質が健康や環境にとって危険かどうかは、その物質の有害性
や毒性の強さだけでは判断できない。化学物質の危険性(リスク)は
その化学物質を曝露した量と時間によっても変わる。強い化学物質
でも少ない暴露量、短時間の曝露であれば、危険性は低いこともある。
しかし人それぞれの体質とも関係しているので、①アレルギー(花粉
症、アトピー性皮膚炎、ぜん息など)、 ②化学物質過敏症、③シック
ハウス症候群、④環境ホルモンなどについての防御法と装置開発につい
て概観する。

15:00~15:15   休憩

15:15~16:15
(4)血清アレルゲン検査
                  吉本秋雄先生(東武医学技術専門学校)
アレルギ-疾患において、従来のスキンテストから、血中特異免疫グロ
ブリンE(IgE)抗体測定について紹介する。原因アレルゲンの測定が容
易になった。しかし、市販されている多くの測定キツトについては、
まだ多くの問題が残されている。

第101回公開定例会

今回は、「今日一日で腎臓がわかる」と題して、
腎臓の勉強をしますので、奮ってご参加ください。

日時:2013年 1月12日(土)午後1時~5時30分頃
場所:板橋区グリーンホール 504会議室
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html 参照

13:00~14:05
腎臓の基礎ー腎臓の解剖と生理
浅川光男先生(前日本医大)
14:05~15:10
腎臓の病理ー腎炎を中心として
石崎正通先生(日本医大)
15:10~15:20休憩

15:20~16:25
.腎臓機能検査について
関 顕先生((株)保険科学研究所精度保証室)
16:25~17:30
腎透析の現状および展望について
工藤俊洋先生(Fresenius Medical Care Japan K.K)

11月公開サロンのご案内

今回は、日本医科大学の飯田先生による「知らないと損をする丸山
ワクチンの全貌」と、日本茶インストラクターの内藤先生による「知
らないと損をするお茶の効果とお茶の入れ方講座」を開講しますの
で、奮ってご参加ください。

日時:2012年11月17日(土)午後1時~7時00分頃
場所:板橋区グリーンホール 504会議室

13:00~15:30 (途中休憩あり)
<知らないと損をする丸山ワクチンの全貌>
         日本医大ワクチン療法研究施設 飯田 和美先生

丸山ワクチン最近の状況—主に臨床例を中心としてー
 丸山ワクチンに関しては、本会でも2008年7月19日に同会場で
「丸山ワクチンと免疫」と言うテーマで日本医科大学ワクチン療法研究
施設、飯田和美先生をお招きして免疫の基本から講演を戴いた。
丸山ワクチンは最近注目されつつある「癌の免疫療法」と言う性格を
持つため、効果に関しては一般の抗癌剤と異なり、一線を画す存在
となる。今回は同先生をお招きし、丸山ワクチンの最近の治療成果
および臨床例を中心としてお話しを戴く事になった。

16:00~19:00
<知らないと損をするお茶の効果とお茶の入れ方講座>
     日本茶インストラクター 内藤 宏一先生(花王株式会社)

 お茶はあまりにも身近にあるため存在感が薄れています。最近、
お茶の効果が見直され、TVや雑誌などにも多くの情報が流れており
ますが、伝聞でなく、直かにお聞きできるチャンスです。
 おいしいお茶を入れ、味わう時間の流れが、心を落ちつかせます。
当日、ゆっくり、お茶を入れる時間をつくりますので、どうぞご体験
ください。そして、もういちどお茶を取り戻してください。御手前を
ご体感ください。

先端医療研2012年Reports

(会員による会員のための講演会)
日時:10月13日(土)午後1時~午後4時45分
場所:神田公園区民館

2012年Reportsは、会員の方が日常の仕事、研究、考えているこ
となどを自由に、発表する場です。現在、以下の方々の発表を予定
しております。

<発表予定タイトル>( )は講演時間
・GPS分科会の活動報告(20) 廣瀬一彦(廣瀬技術事務所)
・木更津高専の概要と研究内容(30) 黄野銀介(木更津高専)

・手許供養とペットロス症候群(30) 北村三枝子(アルク)
・小学生でもわかるチタンのおはなし(30) 伊藤 均(日本チタン協会)

・医療用チタン製品(30) 石丸義之(ティ-・アンド・アイ)
・首都圏地震想定と防災(30) 荒尾 博(FP&建築アトリエ)

・学位論文「デジタル液晶変調器を用いた格子投影型
モアレ・トプグラフィ法」(40) 小林登美男(宇都宮大学)

見学会

見学会
・8月18日(土)午後1時30分頃~
・場所:株式会社ホリエ
 新潟県燕市大字小池上通5090番地 TEL:0256-66-2237
・集合場所:JR新幹線「燕三条」駅 13:00あるいは現地13:30
 JR新幹線 とき361号(10:32東京発~燕三条12:25着)
 片道9,220円 
 参集者と相乗りタクシーで移動:約20分程度
 食事は摂っておいてください。
   
・見学内容
 チタン発色による光抗菌グッズ、省エネ調理器具シリーズとしての
 チタン・ステーキパン、トリプルパン、ぐい呑み・ビアカップ、焦げな
 いチタン鍋「ゴールドパン」製品の製造工程。陽極酸化(虹色の
 コーティング)の施工見学など。購入も可能。

第98回公開定例会

講演テーマ: 肝臓と地震について学びましょう!
・日時:2012年7月21日(土) 午後1時~6時
・場所:板橋区立グリーンホール 会議室
http://www.city.itabashi.tokyo.jp/c_kurashi/002/002279.html 参照
・内容:「肝臓と地震について学びましょう!」

13:00~14:10
(1)肝臓の機能と慢性肝炎について学びましょう!
                 高橋 孝先生(北里大学大学院)

14:10~15:20
(2)肝臓についての検査
                 松山和弘先生(ロシュ)

15:20~15:35 休憩

15:35~16:45
(3)A~E型肝炎の感染経路と輸血における感染
                 奥住先生(獨協医科大学病院)

16:45~17:55
(4)災害時における医療体制と支援
                 高橋 孝先生(北里大学大学院)

17:15~18:25
(5)東京直下型地震の可能性となぜ竜巻がおこるのか、そして
   長寿社会・地震対応住宅ビジネス
                 荒尾 博(民間地震対策研究会)