第140回 公開定例会のお知らせ(7月20日)

そばの話と万華鏡づくり

食欲がでないとき、夏に食するとおいしい「そば」について勉強をします。
安田先生は、昨年「名人によるそば打ち」とその科学」を上梓し、好評です。ほし先生は「江戸ソバリエ協会」の理事長の任をつとめておられる著名人でもおられます。今回はそばについて、正しい知識をとその科学性について考えます。

また体験学習として「万華鏡」について参加者の方々と工作と学習をしますので、お子さんやお孫さんのお土産としても恰好です。公開定例会はどなたでもご参加いただけます。友人・知人をお誘いくださり、ご参加ください

■会場

・日時: 2019年7月20日(土) 午後1時15分~5時00分
・場所: 株式会社セゾンパーソナルプラス研修室
〒170-0013 豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワー5F
池袋駅(西武口)から徒歩約5分
・会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円

会場マップ(PDF) sezon_kaijyou

■テーマ『そばの話と万華鏡づくり』

1:13:15~14:25
・安田武司先生(東武医学技術専門学校 講師)

「おいしいそばと、その科学」

2:14:25~15:30
・ほし ひかり先生(江戸ソバリエ協会 理事長)

「そばの歴史と東京名店」

3:15:30-15:40 休 憩

4:15:40-17:00
・小林富美男(NPO先端医療研 常務理事)

「なぜ万華パターンになるのか(講義)」と万華鏡づくり」

5:17:30~ 講師を囲む会(懇親会・別会場)希望者のみ

第138回公開定例会「自律神経の乱れとその改善方法(その2)」

約半年前(2018.11.17)に、同じテーマで自律神経の乱れについて勉強しました。体内には多くの神経がありますが、そのなかで内臓の働きなどを調整してくれるのが「自律神経」です。自律神経が乱れると心や、体にさまざまな支障が出ます。自律神経は、内臓の働きや代謝、体温などの機能をコントロールするために、意思とは関係なく24時間働き続けています。今回も前回に続いて、好評であった自立神経について学びます。

なお今回も、金山会員のご協力によって企画していただきました。友人・知人をお誘いくださり、自由にご参加ください。

・日時:2019年4月20日(土) 午後1時~4時55分
・場所:株式会社セゾンパ-ソナルプラス内研修室
〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワ-5階

・会費:会員500円、学生300円、非会員1,000円

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<公開定例会>

「自律神経の乱れとその改善方法(その2)」

13:15~14:15
「不良姿勢(スマホ首)が自律神経系にもたらす影響およびその改善方法」
金山 先生(サムライ整体院 院長)
14:15-14:25 質疑応答
14:25~15:25
「幼児教育と食の関係に及ぼす自律神経の関連性と改善法」
小出 美奈子 先生(日本幼児食協会 代表理事、米国NLP協会認定マスタープラクティショナー)
15:25-15:35 質疑応答
15:35-15:45 休憩
15:45~16:45
『体のサイン ・自律神経の不調とうつ病 ~運動による治療と「予防」の医学~』
青葉 繁(医学博士 ・元プロキックボクシング日本チャンピオン/青葉こころのクリニック 院長 鈴木宏)
 
<講演の概要>
近年、うつ病患者の増加が社会問題となっている。現代社会では、知らず知らずのうちに自律神経のバランスが乱れている人が少なくはない。

自律神経の不調は体のサインのようなものであり、誰にでも起こりうることである。また、うつ病では自律神経の症状がみられることがしばしばある。

一方、運動によって、うつや自律神経の状態が改善することが「医学」で明らかにされている。

本講演では、運動とうつの「医学」を、自律神経に着目して概説する。また最新の研究で分かってきた「運動を楽にするアラ(ALA)というアミノ酸」や「ストレスや加齢から脳を守るタンパク質(BDNF)」などについても紹介する。

<講演内容>

  1. 1.うつ病と自律神経
  2. 2.運動によるうつ病の治療と予防
  3. 3.研究紹介<中年うつ女性患者におけるアラ(ALA)摂取のウォーキング実施率に対する効果>
  4. 4.運動とうつ病の新しい「医学」~「青葉繁」研究プロジェクト2019の紹介

※内容は変更になる可能性があります。

プロフィール:(クリックで開きます)

福島県出身。「青葉 繁」のリングネームで、キックボクサーと麻酔科医の2足のわらじを履く。キックボクシング引退後、精神科医に転向し、東京大学医学部附属病院 精神神経科などを経て、現在は「青葉こころのクリニック」院長。精神科専門医。

著書:『ドクター・キック』(三五館シンシャ)/p>

<格闘技サイトでの紹介>http://www.boutreview.com/3/news/item_17260.html

活動内容:(クリックで開きます)

青葉こころのクリニック院長 ・ 精神科医として診療をしながら、運動療法やアラ(ALA)というアミノ酸によるうつ病の予防と治療等の研究をしている。

原著論文: 中年うつ女性患者における5-アミノレブリン酸(ALA)摂取のウォーキング実施率に対する効果
Effects of 5-aminolevulinic acid supplementation on home-based walking training achievement in middle-aged depressive women: randomized, double-blind, crossover pilot study. Scientific Reportsvolume 8, Article number: 7151 (2018)  https://www.nature.com/articles/s41598-018-25452-2

16:45-16:55 質疑応答
16:55 閉会
17:30~ 講師を囲む会(懇親会)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

株式会社セゾンパ-ソナルプラス内研修室
〒170-0013  東京都豊島区東池袋1-33-8 NBF池袋タワ-5階
「池袋」駅(JR、西部池袋・秩父線、東武東上線、東京メトロ丸ノ内線、副都心線、有楽町線)
東口、または29番出口より徒歩7分

会場の案内はこちらをご参照ください。